リーダーを育てて
受託開発を新たな柱に

  • 2012年 中途入社
  • 中尾 太
  • システムソリューション部
    マネージャー(課長)
 

裁量ある仕事に惹かれ入社を決意
現在は受託開発の強化を担う

前に勤めていたのは海外向けのシステム会社でした。仕事がつまらなくなって転職しようと思ったときにシステムサポートの面接を受けたのですが、フランクな雰囲気と会社のキーマンとして動いてほしいと聞いて、入社を決めました。
仕事内容はシステムの受託開発を担当していて、お客様をサポートするためのシステムの開発や導入の提案をするなど上流工程の仕事をしています。手を動かしてコードを書くのではなく、お客様と直接接してシステムの基本設計をするまでが僕の仕事ですね。
会社としてはSES(システムエンジニアリングサービス)が主体になっていて、受託開発はまだまだ主体となっていません。ですのでこれからは自分が中心となって受託開発を強化していきたいと考えています。

  • フラットな人間関係と
    自由な環境がこの会社の魅力

    僕は自分の後輩が成長することにやりがいを感じているので、その姿をすぐ近くで見届けて感じ取ることができるのが、この会社の一番好きなところですね。仕事のやりかたを教えたり困ったときのアドバイスを行ったりして、彼らが一人前のSEになったときに大きな喜びを感じています。
    上司に対しては仕事を自由にさせてもらえるところは非常に感謝しています。社長に対しても直接やりたい仕事を伝えることもできますし、上下関係や年齢を気にせずに社員同士の関わりやコミュニケーションを大事にしている会社だと思いますね。

  • 受託開発を拡大させ
    会社のメイン事業へ

    僕は現在システムの受託開発業務を担当しています。しかし元々SESを主体としていた会社なので、現在でも受託開発に比べSESの比率が非常に高いです。なのでいずれは現在のメイン事業であるSESと僕が担当している受託開発の比率を逆転させたいと考えています。もちろんすぐにとは行きませんが、会社の一番の柱であるSESと同等まで事業を伸ばすことができれば会社としても一段上のステージで戦えるのではないかと思っています。
    そのためにはまずは社員のリーダーシップを伸ばしていくことですね。チームのリーダーを張れる社員が増えればそれだけ多くの受託案件を受注して会社を活性化させることが出来るので、会社の人間を一人前の社員に成長させて、会社や仕事の規模を大きくしていきたいですね

  • メンバーの「人柄の良さ」が大きな自慢

    社員はみんな人柄がいいですね。あと自分の仕事に対して真摯に向き合う社員が多いと思います。自分のこなしてる業務に対する熱意が凄くて、日々みんなが自分のスキルアップを目指しているので向上心が高い環境で仕事ができます。できる仕事も増えるし、やっぱり社員が成長していく姿が好きな僕からすれば見ていてとても気持ちがいいです。仕事もそれぞれのペースでこなしてくれるので、管理職として頼りになる存在ばかりです。
    自分から仕事を買って出るタイプもいれば、任された仕事を黙々とこなしてくれるタイプもいて、社員の幅が広いので面白いですね。それぞれの長所を伸ばしつつ組織全体の結束力を高めていきたいです。

オフの日は友人と過ごして充電です。

子供も大きくなり自由な時間ができたので、その時間を自分の健康に使うなどして健康には気を遣っています。最近は毎朝難波の駅からここ梅田のオフィスまで歩いて通勤しています。更に帰りは気が向いたら堺の方まで足を運んだりして。4時間ほどかかるけど、このウォーキングのお陰で気持ちよく仕事に臨めていると思います。
またその通勤時間で同じようにウォーキングしている人と顔なじみになり、一緒にご飯を食べに行く仲になったりと思いがけない出会いもあって新鮮味を感じて楽しいです。

クロストークCROSSTALK

クロストークを見る